工事進歩速報便
建築用語辞典
ローン計算電卓
太陽光発電システム
木のいえ整備促進事業
住宅ローン減税
瑕疵保証 消費税増税 省エネのコツ ハウスドクター 建替え新築住宅と大規模リフォームどう違うの?
職人らんど タカラ LIXIL Panasonic
保証制度について
トップページ > 保証制度について

建築請負会社が、工事の途中で倒産などにより工事の
完成が不可能となった場合、
その建築請負契約を他の
保証会社に引き継いで完成させます。

マイホームの新築や大規模な増改築工事を行うにあたって 必ず必要なのは、その建物を建てる土地です。約1000棟に1棟の割合で起きている「不同沈下事故」は、目で直接確認する事が出来ません。地盤保証とは、万が一このような事故が起きたとしても地盤損壊による
不同沈下事故が発生した場合、
建物の修復費及び地盤損壊の
修復費を補う保証制度の事です。

品確法によって新築住宅の取得契約に係る瑕疵担保責任が強化され、基本構造部分の瑕疵担保責任が10年の義務付けとなりました。
瑕疵とは目的物が契約に定められた内容や社会通念上必要とされる性能を欠いていることです。
瑕疵担保責任とは目的物に瑕疵があった場合にその瑕疵を修補したり、賠償金の支払いなどをしなければならない責任の事です。
基本構造部分とは建築基準法における構造耐力上、主要な部分の雨水の浸入を防止する部分です。